当科では、より親身に患者様の話を聞き、期待される身体的治療効果のみではなく、精神的安心感を持って治療に取り組める環境を維持しつつ、相談しながら共に寄り添い歩んで行ける姿勢をスタッフ一同の共通理念として日々の診療をチームワークで邁進して参ります。

地域医療の最前線として、地域住民の健康維持・増進または予防医療の観点から地域住民の皆様が豊かな生活を過ごせるように努めます。


  • 物理療法では、各種機器を使用し血液循環の改善・促進、消炎鎮痛や筋緊張の緩和を図り、生理機能の向上を促します。
    ■温熱療法:マイクロ波・渦流浴・パラフィン浴・ホットマグナー・超音波治療器
    ■牽引療法:頸椎牽引・腰椎牽引・プロテック
    ■電気療法:SSP低周波・近赤外線治療(スーパーライザー)・B-SES(ビーセス)
    ■寒冷療法:チルコールド・クライオパック・エアキャスト
    ■浮腫除去療法:メドマー
    ■抹消循環改善:炭酸ガス療法

  • 手術後早期のリハビリテーション、頚・肩・腰・膝などのつらい痛みや可動域制限、スポーツによる怪我や故障、また乳幼児や児童に対するアプローチなど、多岐に渡る専門的な理学療法を行っています。
    ■理学療法士による個別運動指導
    ■トレーナーによる運動指導
    ■自主トレーニング指導
    ■歩行トレーニング指導
    ■日常生活トレーニング指導
    ■各種マシンを使用しての運動指導
    ■IMトレーニング(IMジャパン

  • 作業療法では、さまざまな病気やケガにより、生活に支障をきたしている方の身体や心の機能の維持・改善をはかります。
    日常生活動作(食事・更衣等)指導や姿勢指導を行い、症状が良くなっても繰り返し同じ様な症状が起こらないよう予防の仕方を指導しています。
    また、患者さんが生活しやすいように装具を作成したり自助具(スプーン・補助ハンドルなど)も生活・職場環境に応じて使用しやすいものを紹介しています。

  • 川平法とは新たな促通手技や電気、振動刺激によって、対象者の意図した運動を実現し、反復することです。
    このアプローチにより、麻痺、脊髄損傷、末梢神経障害や感覚障害によって困難となった随意運動を実現するため、必要な神経路を再建/強化することを目的とした神経路強化的促通法です。
    主として脳血管疾患の片麻痺における手指や手関節を含めた上肢の麻痺、歩行、日常生活動作の改善を目指します。
    治療効果を高めるため、快適な電気、振動刺激などを併用します。
    川平法は脳卒中ガイドラインにも記載されているエビデンスのあるリハビリテーション治療法でもあります。

    ・川平法HP: 促通反復療法研究所-川平先端リハラボ (kawahira.org)
    ・川平法YouTube:https://youtube.com/channel/UCXHRQsMScuEZAlETDP69FnQ
    川平法料金表